無料の法人カードはどうやって作るのか?

経費管理のために法人カードを選ぶなら、年会費無料のカードがおすすめです。法人カードの年会費は数千円から万単位になることも多く、中小企業や個人事業主なら固定費カットの一環にぜひセーブしておきたい部分です。

ただ、大半の法人カードは年会費が発生します。個人のクレジットカードに比べると競争が少ないことがその理由だと考えられます。実際、年会費無料の法人カードを探しても、数えるほどしか見つからない状況です。したがって選択肢も限られています。

ここでは、カードのブランドや使い勝手よりまず年会費無料のカードで経費カットを考えている人のために、おすすめのものをご紹介します。

年会費無料には0円と実質無料の2タイプあり

法人カードで年会費無料のものには、文字通り年会費が発生しないカードと特典として実質無料になるカードの2種類があります。

年会費無料の法人カードは最初から年会費が0円なので、気軽に申し込めて利用ができます。経費としても年会費がコスト発生することはありません。

一方、実質無料のカードには年会費として金額が設定されているものの、利用回数や利用金額に応じて年会費が無料になるものです。

それでは、年会費無料と実質無料の法人カードの中からおすすめのものを2つピックアップします。

年会費無料タイプ

ライフカードビジネス(法人カード)

年会費無料特典で基本を抑えたカードです。ゴールドとスタンダードのうちスタンダードの法人カードは年会費が永久無料。法人はもちろん個人事業主も申し込むことができます。

国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBの三種類。ETCカードも無料で発行できます。キャッシング枠はありませんが、ショッピング枠が10万円から500万円まで対応しています。VISAまたはMasterCardの優待サービスのほか、クラウド会計ソフトfreeeの利用、1時間無料の弁護士相談サービスをはじめ福利厚生サービスへの加入も可能です。

ただ、法人カードの特典として空港ラウンジサービスやポイントサービス、付帯保険などはありません。あくまで法人として決済する時のカードであるというカラーの強いシンプルな法人カードです。

ポイントサービスがない点は注意して置く必要があります。日常的な決済を法人カードを中心にと考えているのなら、年会費が掛かってもショッピング額に応じてポイントが貯まる法人カードのほうがお得になる場合があるからです。とりあえず最初の法人カードとして一枚持っておきたい人やとにかく無駄な経費を節約したい経営者に向いているカードです。

実質無料タイプ

P-oneビジネスマスターカード

年会費が実質無料であり、オリジナリティのあるサービスで人気の法人カードです。ゴールドカードの位置づけであり、年1回以上ショッピングまたはキャッシングの利用があるだけで年会費が無料になるのがポイントです。利用さえあれば2枚目以降の追加カードについても年会費が無料扱いになります。なお、ETCカードは5枚までの発行制限で初年度のみ1,000円(税別)が掛かりますが、2年目以降は0円で利用できます。

最大300万円のキャッシング枠があることや、ポイント還元率が0.6%と比較的高くなっているのが特徴です。

法人カードのなかでキャッシングが利用できるのはかなり珍しいため、カードを資金繰りにも利用したい経営者や個人事業主には大変助かります。キャッシング金利は12.00%〜17.95%(2017年10月現在)と銀行ローンなどに比べると若干高めですが、必要なシーンに応じてさっと現金が用意できる手軽さは魅力です。中小企業や個人事業主でいざというときに資金繰りの心配をなくしたい場合に力強い一枚となります。

法人カードとしては破格の年会費タイプもおすすめ

もしご紹介した2つの年会費無料法人カードで、カードブランドやサービス内容などが自分のニーズと合わないときは、有料の年会費の法人カードも考えてみるといいでしょう。なかでもJCB一般法人カードは世界的ブランドにもかかわらず年会費1,250円(税別)で持つことができるとても便利なカードです。参考に少しご紹介しておきます。

JCB一般法人カード

オンライン申し込みなら初年度年会費無料です。2年目以降も1,250円(税別)と法人カードの中では非常にリーズナブルとなっています。また、普段の経費利用をはじめネット決済や海外旅行で使う度にJCBのOki Dokiポイントが貯まるので、ショッピング枠で法人の経費管理に使えばお得な法人カードです。

ショッピング枠は10万円〜100万円ですが、国内または海外旅行傷害保険や航空機遅延保険、海外対象のショッピングガード保険が付帯しているため、とくに出張の多い個人事業主に向いているといえます。

特典の魅力的なJCB一般法人カードなら、年会費1,250円(税別)はすぐに元が取れてしまうでしょう。

年会費無料法人カードは利用スタイルで選ぼう

法人カードでどのくらい日常の経費決済を行うかをイメージしながら、特典やサービスの充実度を比較して選んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です